用途で使い分ける

効果抜群でお手入れが楽になります

ずいぶん昔はフローリングのお手入れと言えば、自分でワックスをかけることが一般的でした。臭いや滑りに注意しながらやった割には、効果が長続きしなかったりムラが出来ていたりと労力が報われない作業でした。しかし今はフローリングのお手入れはフロアコーティングが主流になりつつあります。 フロアコーティングとは専門業者が特殊な塗装剤を使って床を保護する施工です。防水、防腐、耐火効果がありますし床表面が滑らかで光沢も出ます。長いものでは効果が30年以上持つと言われています。作業もだいたい1日で完了する点も人気のひとつです。フロアコーティングすると傷つきにくくなりますし、水拭きが可能です。新築物件だけではなく、築年数がある程度経過した物件のリフォームとしての需要も増えています。

フロアコーティングの特徴

フロアコーティングの塗装剤にはガラス、UV、ウレタン、シリコンなどの種類があります。それぞれに特色があり耐用年数も違います。値段も30平米当たり10万円を切るものから数十万円するものまであります。例えばガラスコーティングは耐用年数が長い上に環境にも優しい塗装剤です。シックハウス症候群の原因と言われるホルムアルテヒドを含んでいません。値段はやや高めです。このように、重視するポイントや予算に合わせて塗装剤を選ぶといいでしょう。中古物件の場合は、まずは油膜を丁寧に落としてから塗装します。家具の移動なども全てお任せで大丈夫です。床に傷がある場合は、パテを詰めてからコーティングするため傷が目立たなくなります。家を長持ちさせるためにも、リフォームを行うならまずはフロアコーティングを計画に入れてみてください。見積もりは無料で行えます。